沿革

1946年4月 先代社長高橋賢太郎が東京都葛飾区堀切に高橋鉄工所を創業、

      ゴム金型の製造を開始する。

 

1963年9月 当社の事業を更に発展充実するために有限会社高橋鉄工所に改組する。

 

1982年7月 得意先の御支援のもとに業務内容も次第に充実し、

      金型産業の発展と共に受注量も増大したので増資する。

 

1983年4月 技術の向上と共に納期短縮、コストダウンを目標に設備

      の近代化として各種NC機の導入を開始する。

 

1991年7月 現社長高橋祥晃就任する。

      CAD/CAMシステムを導入する。

 

1993年4月 近代設備の拡充と合理化を図り、お客様の様々な要望に

      応えるため新社屋、工場を建設し操業を開始する。

 

2005年7月 3次元加工の効率アップを図り、高速マシニングセンターを導入する。

 

2007年3月 高速・高精度を求め、ハイパフォーマンス形彫放電加工機を導入する。

お問い合わせ

TEL:  03-3691-0721

FAX:  03-3693-7121

e-mail: takahasi@gb3.so-net.ne.jp 

 

Google+
アクセスカウンター